« HIGHCUT Vol.96 | トップページ | ようこそポーズ »

2013年2月21日 (木)

HANGTEN * Facebook&海辺のカフェ

HANGTENの FBから^^

今回のHJGHCUTの撮影は、こちらの衣装が協賛だもんね^^

なんかさ

海沿いの小さなカフェに、こんなマスターがいたら・・・

毎日通って、1日中いる?!爆(≧∇≦)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハイカット画報 _ キムヒョンジュンマニュアル!

行の内容のブログにすぐに新しいカットを発表する予定なので、ご期待くださいね ^

602043_446226338780162_1505679830_n


<Credit:::::::::http://www.facebook.com/hangtenkorpr.................Thank you>

っでね、HANGTENのブログに、そのヒストリーが書かれてるんだけど、

 この写真とともにリダも登場してるんです。

Ht_2
韓流スターキム・ヒョンジュン! 歌手で演技者に変身したキム・ヒョンジュンは

 誰がなんと言っても韓流スターの先駆者であり最もホットハン・ペウでないかと思います。

 ハングテンのPKシャツがあまりにもよく似合うキム・ヒョンジュンは

 2012年までハングテンのモデルで活発に活動しました。

 

今譜面あまりにも可愛い大韓民国TOP STAR!

 ハングテンのモデルをすればトップスターになるという公式が立証されましたね!

 ハングテンの歴史とともに多様なスターが一緒にしたADカット.

 後ほど見ても興味津々しそうでしょう?

<Credit::::::::::http://blog.naver.com/hangten_kr..............Thank ypu>

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

 

すごいよね?

HANGTENのモデルをすれば、トップスターになるって公式があるんだって!

ま、そんな考え方もあるんだね?

トップスターがモデルをすれば・・・

って考えは、さらさらない???爆))))

Highcutwall218_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Master1_3

|

« HIGHCUT Vol.96 | トップページ | ようこそポーズ »

HANG TEN」カテゴリの記事

海辺のカフェ」カテゴリの記事

コメント

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
Dear...sweetyちゃん


>海沿いの小さなカフェに、こんなマスターがいたら・・・
>毎日通って、1日中いる?!爆(≧∇≦)

キャ~~~~~~~~~~~~~~~ァ!!!!!!!
いるっいるっいるっいるっいますともぉ~~~o(((≧∇≦)))o
・・・でっでもでも・・・
毎日通って入り浸りすぎて出入り禁止?((・(ェ)・;))?

でぇ~~~~~いっ!!
いっそのこと雇ってもらっちゃえ~!!
年齢は・・・制限なしでお願いしたいっ!!(人>0<。)

投稿: ☆Hyunsachi☆ | 2013年2月21日 (木) 22時51分

<☆Hyunsachi☆ちゃん^^>


よしっ!
雇ってもらおう~~~~っ!!

じゃあここで、そのお話を続けていこうっっ!(≧∇≦)pppp

・・・・・・

「今日こそは・・今日こそは、絶対言うっっ!」

毎日、そう思い続けて、このカフェに通うこと1ヶ月・・・


海辺にひっそり佇むこの素敵なカフェに出ていた求人広告。

お店に来てドアを開けてみると、内装外装ともに、とても変わってるんだけど、
なぜかゆっくりとくつろげる雰囲気がある。

H:「いらっしゃい」

カウンターの奥から、低い声が聞こえた。
げ・・・なに? この恐ろしくイケメンのマスターは?!

一瞬にして、自分がこの人に惹かれてしまうのを予感した。
でも・・・とんでもなく愛想が悪い。

H:「ご注文は?」

必要最低限の事しか言わず、笑顔だって見せない。
なんなの?この人って・・・

それでもカフェの中は女性客が多く、そしてここで働こうとしている人が、
ひっきりなしに訪れる。
その中には、すごい美人もいたのに、その後もマスターひとりで
切り盛りしているところを見ると、まだ決まっていないようだった。
どうしてだろう・・・?

でもそんなのを見ていたら、怖気づいちゃって、ここで働きたい、だなんて
なかなか言い出せない。
そんなこんなで、毎日が無駄に過ぎてしまっていた・・・

だけど、こんな事もあったの。

窓の外に、迷い込んだ痩せた野良犬がやって来た時。
それを見つけたマスターが、食べ物を与えているのが窓から見えて。
次の日カフェに行くと、その犬は首輪を付けてもらって、そこで飼われているのには驚いた。
それにちゃんと小屋まで作ってもらって・・・
今も、お客さんが来るたびに、嬉しそうにしっぽを振っている。

お母さんに連れられて、小さな2人の子供さんが来た時のこと。
まだまだ手の掛かる頃なのに、ふたりが1度に泣き出したっけ。
困り果てるお母さん・・・
するとマスターがやって来て、そのうちのひとりを抱き上げ微笑んだ。
子供さんは最初驚いていたけど、あやされているうちに笑い声を上げだして。

うわぁ・・・笑うんだ・・このひと・・・

とっても失礼だけど、まずそう思った。
そして次には・・・こんな笑顔をずっと見ていたいな~って思うようになったの。

だから、今日こそは言う!

客足が途絶えた頃、私は勇気を振り絞ってカウンターの向こうのマスターに声を掛けた。

「あの・・・えっと~ここで、雇っていただけませんか・・・?」

じっと私を見つめるだけのマスター。
ち・・ちょっと・・・そんなに見られたら・・倒れるぅううう~~~><

H:「じゃあ、そのエプロンかけて」

・・・は・・・?

H:「食器を洗って」

・・・はい?

H:「採用します。さっさと動いて」

えええええええええええええええええええええ~~@@!
うそっっっ!!!!!!!!!
なんで?!

H:「俺は、気に入ったひとしか雇わないから」

ひゃああああ~~~それって・・それって・・・もしや??

H:「よく働きそうだったから」

は・・・なんだ~そういう事か・・・そうだよね^^;
ま、いっか~採用されたしっ!

気を取り直し、髪を束ねてエプロンをつけ、溜まった食器を洗い出す。
とにかく頑張ろうっと。
素敵なマスターと一緒にお仕事ができるんだし^^

その時、私は気づかなかったの。

背中越しに、あの子供さんに見せた笑顔が、
私に向けられていたことを・・・

なんだかこれから素敵な事が起こりそうな予感・・・heart


・・・・・・・・・・

おしまい~~~o(*^▽^*)o

採用されたよぉ~~~~~~~~(≧∇≦)

投稿: sweety | 2013年2月22日 (金) 07時37分

おはようございます
今日のリダも素敵ね。
一途にリダ愛を貫いてるあなたも素敵

ん、で
今日はヨウツベのほうのンちょっとお借りしました
いつもごめんね。ありがとう。
今日にっこり行ってきます

投稿: たーぼのはは | 2013年2月22日 (金) 07時40分

分かった。
sweetyさんのその続きを作ってしまうその気合(^^)に
乾杯\(//∇//)\
許す!!
なんか予感が続きそうだけど……
う〜〜ん
許しちゃう(*^_^*)

行けるところまで
行っちゃってえ


投稿: miw | 2013年2月22日 (金) 08時44分

<たーぼのははさん^^>


あはは~一途な愛・・・

ははさんには、到底かないませんが~~~(≧m≦)

おお~~びっくり!
<ほほえみのちから>の動画、さっきなぜか見てたんです(笑)
むっちゃ久しぶりにっ^^
はい~どうぞ^^
リダのほほえみのちからに癒されてね~~o(*^▽^*)o

投稿: sweety | 2013年2月22日 (金) 10時18分

<miwさん^^>

ひゃああああ~~~~@@!

もうこんな記事を読む人はいないと思っていたのにっ!
ここにおられましたね~爆)))

行けるところまで?

( ´艸`)プププ
行っちゃうよ~~~どこまでもっ!
お調子者ですからぁ~~(≧∇≦)うそうそ^^

投稿: sweety | 2013年2月22日 (金) 10時20分

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
Dear...sweetyちゃん

採用通知 Thanks~♥ です ♬
もぉね~~~~
さっきメールでさんざんキャーキャー叫んだから
ここでは少し落ち着いて・・・(笑)

まず。。。
sweetyちゃんは謙遜してたけど文才半端ないわぁ~♫♪♬
1度読んだだけで全て映像化できちゃった!!

カフェまでの道も、周りの風景も
お客さんの様子も(ここに集まる方々総出演よっ^^)
彼のエプロン姿から、カップに至るまで・・・

しかもね~アタシの中では、あのおこちゃま連れのママは
やんやんさんなのよぉ~~~^^
ってことはね、残念ながらお相手候補から外れちゃいますのよぉ~
ごめんなちゃい、やんやんさん!!!!
あっでも、もちろんやんやんさんの中ではご自身がヒロイン役で~(*^ー゚)b

このアタシに続きを...
なんてありえへ~~~ん!!!!
このままそれぞれの Your Story 綴っていただきましょっ!?
ピンクなしの美しいお話のままでね~( ´艸`)プププ
ピンク担当ならお任せを・・・(爆)


投稿: ☆Hyunsachi☆ | 2013年2月22日 (金) 11時00分

<☆Hyunsachi☆ちゃん^^>


ぎゃははは~~~反応してくれてありがと!

ざざ~~~っと書いたから、なんか不自然な点も多いけど、
コメだから許してよね?(笑)

おおお~~~ここの住人さんがお客様?!
いいねいいねっ!!
うんうん~~~やんやんちゃんっ!
ばっちりですぅ~~適役ですっ(≧∇≦)
ってか、私もやんやんちゃんを想像しながら書いたのかも・・・( ´艸`)
ごめんね~やんやんちゃん^^ppp

あれれ・・・続き、書けない??
何でもいいのにぃ~~~~(≧m≦)
どなたか思い浮かんだ方、
書いてくださってもいいですよ~~ん( ´艸`)プププ

投稿: sweety | 2013年2月22日 (金) 14時39分

採用されたっっ!!!
すごくいいね~~~!はぁぁぁぁぁ~~
全部のシーンが頭に浮かんで・・・・素敵すぎる~~~!
リダがそこにいるだけで毎日ビッグイベントだね~~~!

わたくし・・・・・わたくし・・・・・
痩せてないけど・・・・・・
野良犬の役がいい( ´∀`)きゃぁぁぁぁぁ~~~~~~
あっ!!希望者多い??

投稿: りりりりりだ | 2013年2月23日 (土) 08時07分

<りりりりりださん^^>


オットケぇえええええええええええ~~~@@!
この記事にまだ訪問者さんがおられたとは!

うんうん~採用されたの^^
そうだよ!
リダがいるってだけで、ビッグイベント!!
息もできないね!!
って事は、仕事もできないね?(笑)

え・・・野良犬でいいの??

OK!
採用しますっっっ(≧∇≦)爆)))

投稿: sweety | 2013年2月23日 (土) 12時37分

sweetyさん

このお話すっごく素敵っっheart04
萌えるわぁ~~っと思ってたら
私が出てきてたっっ 爆))(≧∇≦)(≧∇≦)

いいんです、いいんですぅ~~~
マスターが子供を可愛がってくれたらそれで満足ぅheart04
うちの子にしたいって言ってくれたらもっと満足ぅ( ´艸`)プププ

もちろん私、常連ですからね~o(*^▽^*)o
「最近雇われたあの子さぁ・・」とか
常連のここの住人さん達とヒソヒソ言っちゃうかも~~ヽ(*≧ε≦*)φ

で、きっとマスターに睨まれるんだわぁ(妄想妄想)
ぎゃはははは~~~(≧∇≦)

投稿: やんやん | 2013年2月23日 (土) 13時09分

<やんやんちゃん^^>


おおお~~来たねっ!
今日、来なかったら、あちらで呼びかけようと思ってた^^
だって登場人物だもん~( ´艸`)プププ

げ・・・
ちょっとなによぉおお!!
常連さん?
ヒソヒソ話?
マスターに睨まれる?

やばい・・・もぉなんだか、この続きが浮かんでくるんですけど・・・

書きたくなったらどうしてくれるのよっ!!!爆)))

投稿: sweety | 2013年2月23日 (土) 14時15分

そうよ、sweetyさん!

あれ? 呼んだよね⁉ (笑)
私はちゃんと来ちゃったりするヒトなのよ(^_−)−☆


やっぱり来て良かったわあ。
読んだの通勤列車内だったから
ニマニマしてる変なヒトになってたかもしれないけれど^^;
気にしないっと!bleah

ああ〜続きを書く気になられた?
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
待ってますね☆happy02

ん? やんやんさんってライバル設定?
やだ〜、、
これも勝負の世界の厳しさなのかしら(笑)
ヒョンジュンが間にいると勝負がついて回るのかしらね 爆)))


投稿: | 2013年2月23日 (土) 18時20分

<どなたでしょう?^^>


ぎゃははは~~またお名前忘れてる方が・・・
でもきっとあの人~~( ´艸`)プププ

いえいえ~やんやんちゃんはライバルじゃ悲しいでしょ?(笑)
どうしようかな~^^
よき理解者?
もっと嫌かな???爆))))))))

私さ、今、酔っ払ってるんだけど、
この調子で続き書いちゃおうか??
怖いよね?pppp

投稿: sweety | 2013年2月24日 (日) 13時46分

ちょっと気まぐれで書いてみようかなって^^
だけど、また気まぐれで削除もします~(笑)

・・・・・・・・・・・・


ここで働き始めて、2度目の週末を迎えようとしていた。
1番驚いたのは、マスターがコーヒーが苦手だってこと。
ありえないでしょ?そんなことっ!
自分は飲まないのにどうやって??って聞いたら、

「香りと勘」

なんだって。
そして

「好きな人に飲ませたいって、想いで作る」

んだって。
私はコーヒーは大好きだって言うと、それからは1番最初の味見をさせてくれるようになった。
やっぱり本当に美味しくて、
ブレンドされたここのオリジナルコーヒーのファンがとても多いのも頷ける。


マスターは、相変わらず無愛想で寡黙だけど、人気は私が思った以上にすごかった。
シングルの女性はもちろんの事、お子さんがおられる方も、
マスターとマスターの淹れるコーヒーを目当てにカフェに来られる。
そんなお客さまから、決まって聞かれることがある。

「ねぇねぇ~マスターって、彼女・・いるの??」

そりゃ気になるよね? 私だって、気になるもん・・・

「さぁ・・どうなんでしょう?」

私は、そう答えるしかない。 本当にわからないんだから。
実際に、直接色んな方から声をかけられている場面を何度も目にした。
そのたびに、なぜか自分がどきどきしてしまっていたけど・・・
だけどマスターは、とってもそっけない素振りで、いつもこう言うの。

「僕より、もっと素敵な人があなたを待っていますよ」

はぁ・・・ショックだよねぇ~そんな事、言われたら~~~><
それにマスターより素敵な人・・・? 本当にいるの?
でも不思議だ。 そんな事を言われても、またお店には来られるんだからね^^

また男性のお客さまは、マスターのコーヒーと寡黙さが気に入っている人も多いようだ。
おまけに少ない会話の中に、とても素敵なフレーズがたくさん隠されている。
それを楽しみに来ている方が何人もおられる。
そして、サッカー仲間や呑み仲間も大勢来られる。
そんな人たちとは、すごく楽しそうに笑っているのが印象的だ。

当然、お客さまは増える一方で、忙しさは日に日に増して行った。

投稿: sweety | 2013年2月25日 (月) 03時03分

う〜んhappy01やっぱりいいですよね
一人称で進むと、観察眼&愛情たっぷりheartナドナド
sweetyさんの良さが出てるから

二日目cafe
立ち位置が変わると視界も広がるね
楽しみlovely
いつでも楽しみに待っていますからあ

で、名無しは私^^;
入れたと思ったんですけどね。。。


そっか、違うのね
やんやんさん家のお子様、大阪公演でも病気もせず
アシスト、エラかったようだから
もしかして気にいられちゃうって事も!?って

仲間だものね^^;


投稿: miw | 2013年2月25日 (月) 08時30分

sweetyさん・miwさん

お気遣いありがとうございます~(笑)
私は単なる子連れの常連で十分ですから~(≧∇≦)
物語に絡むなんておこがましいっヽ(*≧ε≦*)φ

投稿: やんやん | 2013年2月25日 (月) 13時02分


あああ~~やっぱり!(笑)
きっとmiwさんだと思ったよ^^

ってか、読んでくれてるんだね?( ´艸`)プププ
だんだん身勝手な展開になるから
この辺で読むのは辞めた方がいいかも・・・爆

やんやんちゃんも絡んで欲しいんだよねっ!
きっと楽しくなると思うんだけど~o(*^▽^*)o

投稿: sweety | 2013年2月25日 (月) 13時52分

<やんやんちゃん^^>

えええええええええええええ~~~@@!
どうして?!

絡んでよぉおおおおお~~~~(*≧m≦*)
きっと楽しいよ!
ほらほら・・・書きたくなってきたでしょ?爆)))
ぜひ前向きにご検討くださいっ( ´艸`)プププ

投稿: sweety | 2013年2月25日 (月) 13時53分

もうたぶんここは、あまり人通りもないと思いますので~(笑)

とっても素敵なメールをいただきました。
お客さま目線のお話^^
違う角度から、ふたりを見詰めているストーリーです。
とっても素敵なの~~~~(≧∇≦)


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


素敵な店主がいる海辺のカフェに通っている。
きっかけは、たまたまだった・・・

買い物帰りに歩き疲れた子供たちがグズリだした。
困り果てて、近くにあったそのカフェに休憩のために入ったんだけど・・・

店内でも子供達はグズグズ言っている。
綺麗な顔してるんだけど、恐ろしく無愛想な店主もこっちを見ている・・
迷惑がかかるな・・帰ろう・・と思った時、店主が近づいてきた。
怒られるっ  そう思った瞬間、子供を抱き上げて満面の笑みであやしてくれた。

とたんに笑顔になる子供達。
私もその笑顔に心を奪われた・・・。

子供が懐いてることを口実に度々訪れるようになった。
そして、マスター目当ての常連さんも沢山いることが分かった。

でも、マスターは相変わらず無愛想で・・
私達の問いかけにも最低限の事しか話してくれない。
子供達に微笑みかける眼差しはとても優しいのだけれど・・・。

1か月程前に求人広告が貼られた。
速攻申し込む常連さん達。でも、ことごとく断られた・・何故?

最近見かけるようになった窓辺の席でコーヒーを飲んでいるあの子も
きっとマスター目当てなんだろうな。

その子が意を決したようにマスターに話しかけてる!
求人のことだよね・・きっと断られるに決まってる。

えっ・・・!?うそ~~~~~
エプロン渡されて、お皿洗いだしたよ~~~!!
採用されたって事? なんでぇぇぇ~~~~

でもね・・私気付いてたんだ。
窓辺でコーヒーを飲むあの子を見るマスターの眼・・
愛おしいものを見るような、とても温かな眼をしていた。
子供達を見る時とはまた違った優しい表情。

ほら・・今も必死でお皿を洗っている彼女を優しく見守ってるわ・・・

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


作者さんは匿名なんだけど・・・^^
わかる人にはわかっちゃうよね~~~~( ´艸`)プププ

素敵なお話・・・ありがとうっ(≧∇≦)

投稿: sweety | 2013年2月25日 (月) 14時33分

うう〜ん、いいo(*^▽^*)o

目線の違いって主人公両方が見えますよねえ
ヒョンジュン目線じゃリアルだしねえhappy02

しかも、あったかい素敵文章だわheart03

苦労もなく私が楽しませて頂いておりまする(*≧m≦*)
静かに読むから〜読者でいい?(。・w・。 )



そういえば、ここのカフェって自宅兼お店?
なんか取りに行って、お部屋を見ちゃったり
きゃあ〜とかあったり?(゚▽゚*)

けど、
落ち着かないかな?
行けるとこまで行っちゃった後は( ´艸`)プププ

投稿: miw | 2013年2月25日 (月) 18時28分

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
Dear...sweetyちゃん


ちょっと書いてみようかなっと・・・^^;


・‥…━━━☆・‥…━━━☆


素敵な無愛想(?)のマスターと 微妙な距離感はあるものの
なんとか少しづつ慣れてきた ある日の午後・・・

いつものように○○の散歩へ出かけたマスター。
その少しあとから降り出した雨・・・

『 小雨だし、お客さん来るかもしれないしなぁ~ 』
マスターを心配しつつ、タオルだけ用意しておいた。


しばらくして走って帰ってきたマスターと○○!

『 おかえりなさい。あの~これ・・・  』

そっとタオルを渡す。

H 『 ・・・ 』

無言で受け取ったマスターの手と触れた。

『 えっ!? 』

雨で濡れてたはずなのに なんか熱い!

その瞬間 倒れかかってきたマスター・・・

一瞬のことだったんだけど
私にはスローモーションのように思えた。

『 だっ大丈夫ですか? 』

H 『 ん~~~・・・ 』

スラッとしているマスターだけど
私にもたれかかってる今はずしりと重い。

こんな時なのに 不謹慎な私の鼓動はとてもとても激しくて・・・

《 ドキドキ ドキドキ ドキドキ ドキドキ 》

どうしよ~聞かれてたら~落ち着け~~
ってそんなこと気にしてる場合かっ!
いや、でもでも気になるぅ~



なんて心の中で葛藤しながら
なんとか一番奥のソファーに寝かせてみた。

落ち着くために深呼吸!

ひとまず表のOPENをCLOSEにかえて鍵をかけてと・・・


そうだっ! 雨で濡れたままの服脱がせないとっ!

んっ? 
・・・ってもしかして私が!?

そうだよね~
うん、そうなんだけどね~
どっどっどぉしよ~~~

でもやらなくっちゃね、やらなくっちゃ!!!
そう!照れてる場合じゃないんだからっ!!!

『 とりあえず着替え、着替えっと・・・おじゃましま~す 』

奥のお部屋のクローゼットから
マスターご愛用のadidasのパーカーとTシャツと
一応スウェットパンツも出してきて・・・

『 これでよし! 』

戻ってみると額に汗が!

『 急がなくっちゃ! 』

相変わらずドキドキはしているものの
とにかく一刻も早く脱がさなくっちゃいけないっていう使命感のもと
頑張った私・・・

やっとのことで着替え完了!!
奥から大きめのブランケットを持ってきて掛ける。
『 ふう~~~ぅ。これでよし! 』

あっそうだ、○○!!

『 ゴメンね~○○! 』
自分でブルブルしてくれてたのか 周りはビショビショ!
タオルで拭いてあげておやつをあげると もうご機嫌~♬


ソファーにもどって熱を測ると38℃もあった。

『 まったくぅ~ しょうがないんだから・・・』

昨日少し咳してたマスター・・・
帰りがけにいつもの蹴り仲間が来て
コートが空いてるから行くとのこと。

H 『 今からって、まったくしょうがないなぁ~ 』

なぁ~んて嬉しそうについて行くからだよぉ~

そんなこと思い出しながら
ソファーの横でマスターのお顔見ながら
ん~~~ なんか眠い・・・ 



『 ん~~~ んっ? 』

あれあれ? 周りの景色がなんか違う?
しかもうっすら明るい・・・? ここは・・・・?
起き上がって見渡すと・・・

えぇ~~~~~!!!!
マスターのベッドじゃないっ!?!?
どうして? どうして?

あのまま寝ちゃったの?
しかも泊まっちゃった~?
まっまさか・・・

していたはずのエプロンだけなかったけど 昨日の服のままだった。
『 ホッ! さすがにね~ 』

ふとベッドサイドにメモが・・・

- - - - - - - - - - -
昨日はどうも。
今日はこの服とエプロンで。
ちょっと出てくる。
- - - - - - - - - - -


たったこれだけ!?

置いてある服は adidasのグレーのパーカー。
昨日のと一緒のやつ・・・

何枚も持ってるんだぁ~ よっぽどお気に入りなんだなぁ~フフフ・・・

なんて思いつつ。
おっきなパーカーに着替えた。
かすかにマスターの匂いがした。
なんだかすっごく心地いい・・・

あっマスターの自転車の音! ふと窓の外を見ると・・・

マスターが自転車に乗って帰って来るのが見えた。

よく見るとクロワッサン頬張りながら
たくさんのパンを買い込んできたマスター・・・

思わず笑っちゃった!!

このあと・・・
マスター、私を見てどんな顔するのかな~?

なんだか楽しみかも~~~♬♪♫


・‥…━━━☆・‥…━━━☆


なんだかね、書き始めたら止まらなくなって
こんな時間に・・・

明日仕事なのに!
ぎゃーーーーーーー!!!

だから、なので、意味不明な話になってるかも~^^;
しかもちょこっとぴんく!?
ごっごめんなさぁ~~~い!><;

遠慮なく削除しちゃって~

ちなみにワンちゃんの名前、お手上げでした!
考えて~^^

ではではGood Night ☆彡゜.+:。

 

投稿: ☆Hyunsachi☆ | 2013年2月26日 (火) 03時46分

<miwさん^^>


はいはい~~読者さんでOKですよん^^
どうもありがと~

目線が変われば、内容の幅が広がりますね。
なんだか凄く新鮮だ~(≧∇≦)

次のお話も続けてくださってる~ppp
この展開だと、自宅兼店舗ですね^^

きゃああ~~この方がなんでもできちゃうねっ?!爆))

投稿: sweety | 2013年2月26日 (火) 06時10分

<☆Hyunsachi☆ちゃん^^>


きゃああああああ~~~☆Hyunsachi☆ちゃんてば!
とっても素敵じゃないっ(*≧m≦*)

書き出したら止まらなかったみたいね?( ´艸`)プププ
うんうん~~わかるよぉ^^

ここ、自宅兼お店って設定にしましょ^^
でもさ、とっても残念だけど、なんでもありありじゃないから~(笑)
ほんのりぴんくで留めておいてねっっっ!!爆))

それからわんこだけど~
<アティック>にしたら、どつかれるかな??(笑)
いいやん~~これで行こっ!

素敵なお話、ありがとうねっ^^
とっても嬉しかったよ~~~~(≧∇≦)

投稿: sweety | 2013年2月26日 (火) 06時14分

Hyunsachiさんのお話もいいわ~(*゚ー゚*)

自宅兼店舗かぁ・・
うんうん、いいですね~いろいろ広がりますぅ( ´艸`)プププ

ピンク路線になったら個人的にメールくださいねヽ(*≧ε≦*)φ
待ってま~す 爆)))

やっぱり写真1枚でこんなに遊べるって
すごいですよね~(≧∇≦)楽し~ppppp

あっ、あとアティック賛成~paper

投稿: やんやん | 2013年2月26日 (火) 12時58分

・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!
今頃ですが、読ませていただきましたぁ!!
スゴイです。
皆さん本当に天才ですね!
恋する乙女はこんなにも素晴らしい才能を目覚めさせてくれるのですね゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

あぁ・・良かったら私は名もないお客さんにでも入れてください。
「常連さん」にもなれませんが・・。

「ぴんく」になりそうなところでやめとく・・のがいいです。(≧m≦)

投稿: タカサマ | 2013年2月26日 (火) 13時50分

きゃん、Hyunsachiさ~ん!いいわぁ
チェゴgoodです

やっぱり展開早し(笑)
ベッドにも寝ちゃったしパーカーも着ちゃったしhappy02
自宅兼お店はなんでも叶う魔法の設定heart くくくっ

なんか、、今回のこの展開
もしかして
もうモーニングコーヒーshineだったりする、よね?

え? 手作り朝ごはんを頂けたりするの?
手作りといっても“キンパ”はさすがに…よね 爆))) きっとワサビ入ってるしっっっ

で、sweetyさんは例のグリーンジュースを?(ノ∀`)・゚・。

ううん~ いかんせん病み上がりだよね…
でも元気そうだけどsweat01 優しさよねぇ.+:。.+:。


はい、タカサマさん一歩手前がいいですよね^^

ただ、やんやんさんにも賛成!
勢いでついつい( ´艸`)ぴんく路線になっちゃったら、せっかくだから(*^ω^*)ノ彡
こっそり読ませてくださいねwink
やんやんさん転送を是非~~heart

投稿: miw | 2013年2月26日 (火) 22時06分

<やんやんちゃん^^>


っでしょ?

あの写真から始まったんだよ~笑っちゃうっ(≧m≦)

自宅だとさ~
あんな事もこんな事も出来ちゃうから要注意だよね?ppp

投稿: sweety | 2013年2月27日 (水) 06時17分

<タカサマさん^^>


名もないお客さまって・・?爆
ぜひ常連さんで通ってください~o(*^▽^*)o

なんなら書き書きしてくださっても~^^

そうそう!
ぴんくの手前で止めていただきましょ^^
その方が余韻があっていいような~~( ´艸`)プププ

投稿: sweety | 2013年2月27日 (水) 06時20分

<miwさん^^>


ああ~~やっぱりね~ppp
miwさんもかなり妄想ごっこが
お得意のようで~( ´艸`)プププ

いろんなシチュエーションがあるものですよね!
でもどちらに転んでも、素敵な展開に
持っていけるんだから、安心だわぁ~~(≧∇≦)

この先がどうなるかは、誰にもわからないね?(笑)

投稿: sweety | 2013年2月27日 (水) 06時26分

<sweetyより^^>


ここで読書されている方と、
ここで執筆されている方々へ
sweetyからの内緒話です~pppうそうそ


ひょんなことから、こんなストーリーを続けてしまいました~( ´艸`)

これから先、続いていくのか、
もうここで終わってしまうのか、
誰にもわかりませんよね?(笑)

このお話は、どのような展開にするって事は決めませんし、
方向性も指定しません。
ですから、途中で終わってしまうかもしれませんので、
その点はご了承くださいね~^^

また、これはどなたが書いてくださっても結構です。
<私>目線、<お客さま>目線、<常連さん>目線、<アティック>目線・・・爆
いずれの目線で書いてくださってもいいんですよ^^

ただ、マスター目線だけはやめておこうと思います。
いいんです・・・彼の本当の気持ちなんて、誰にもわからないんですから^^

それから、ほんのりぴんくでお願いします~(笑)
許容範囲は、KISSまで。
あ・・・書いちゃった・・・ぎゃははは(≧∇≦)

私がふさわしくないと判断したときは、訂正または削除することを
お許しくださいませ^^

では今日も良い1日を~~~o(*^▽^*)o

投稿: sweety | 2013年2月27日 (水) 06時37分

<常連ママさんより^^>


みなさまご存知の、常連ママさんより、
素敵なお話が届きました~~o(*^▽^*)o

これまでのお話に絡みながらも、
ほんわかと温かくなるような展開で・・・^^

どうぞお楽しみくださいませ~^^


☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*


素敵なマスターがいる海辺のカフェは店舗兼自宅のようだ。

子供達は何度かマスターの部屋にも入れてもらったらしい。
興味津々で聞いてみると・・
”な~んにもない部屋” だそうだ。

「お洋服もね、同じのばっかりなの。グレーの帽子がついた服。」
「サッカーボールもあったけど・・サッカーのお洋服はクシャクシャにして置いてあったよ。」

そうかぁ。一人暮らしの男性って感じよね・・と少しドキドキした。

         ・
         ・
         ・
あの子が働き出してから、お店の空気が変わった気がする。
正直、要領が良さそうには見えないけど一生懸命だし
とても周りを和ませる空気感をもっていた。

なによりマスターの表情が変わってきた。
相変わらず無愛想でそっけないけど、優しい表情も見せるようになった。
         ・
         ・
         ・

ある日、海沿いの道を車で走っていたら雨がパラつきだした。
カフェの近くの信号で止まった時、子供たちが叫んだ。
「あ~おにいちゃんだっ!雨の中いぬの散歩してるよ~」
「ほんとだ~。あのいぬねぇ・・アティックっていうんだよ!」

マスターが雨に濡れながら犬を連れて、足早にお店に入って行った。
散歩中に雨に降られちゃったんだね・・風邪ひくよ~
心配だからお店に顔出してみようかな・・
そう思って路肩に車を停めようとした時、
あの子が真っ赤な顔をして出てきて、看板を(CLOSE)にして
またお店の中に入って行った。

なになに~~~気になるぅぅぅぅ・・・・・


次の日、いつものようにカフェに顔を出した。
子供達を見て、マスターがカウンターから出てきてくれた。
さっそくじゃれつく子供達。
「おにいちゃん、たかいたかいして~」
「僕は腕にぶらさがってもいい?」
マスターは娘をヒョイと持ちあげ、息子を腕にぶらさげた。
すっご~い!細く見えるけど鍛えてるのねぇ。惚れ惚れする。

「おにいちゃん、だ~いしゅきっ」
マスターは満面の笑みで「ありがとう」と言った。
なんか今日は機嫌がよさそう・・・昨日なんかあった???

「ねぇねぇ、おにいちゃんはしゅきなひといるの?」

・・・なんと直球の質問。さすが子供だ・・
店中のお客さんが耳をそばだてているのが分かる。

それを知ってか知らずかマスターはニヤッと笑ってから
子供達に何かを耳打ちした。
そして、”内緒だよ”というように人差し指を口にあててウインクした。

なになに~何て言ったの?う~ん、気になる。後から聞き出そう。

そして・・たぶん私しか気付いてないし誰も知らないと思うんだけど
あの子が着ているあのグレーのパーカー
マスターのだよねぇ・・部屋にいっぱいあるって子供達言ってたし。
う~ん、なんだか素敵な予感がするなぁ・・(^^♪

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

投稿: sweety | 2013年2月28日 (木) 01時49分

<続き1>


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


「おかえりなさい~」

まだ口をもぐもぐさせたままドアを開けたマスターに声を掛ける。

H:「あ・・起きてたのか」

そう言いながら、俯いたままカウンターの中に向かったマスターの口から、
小さな声で「ただいま」と聞こえたのは空耳ではなかったと思う。
なんだか・・嬉しい^^

「もう大丈夫なんですか?」

H:「ああ。昨夜は悪かったな・・・うつってないか?」

私のためにコーヒーを注ぎながら、マスターが聞く。

「私? あれくらいじゃうつらないですよっ!」

H:「あ、いや・・そっか・・ならいいけど」

ん? なんだこの反応? なにか心配事でも?
そう問い返そうとした瞬間、私を見たマスターが急に笑い出した。

「あははっっでかすぎる。そのスエット~!」

そりゃそうでしょうよっマスターのなんだから・・・( ̄_ ̄ i)
ってか、私・・・ここで1泊したんだよね?
ひゃあああああああ~~~~~どうしよう?!
ひとりで盛り上がったとたん、今日1人目のお客様が見えた。


このお店のモーニングは日替わりで、マスターお奨めのメニューしかない。
それが気に入らない人は、コーヒーだけ。
でもほとんどの方が、そのお奨めをオーダーされる。
きっとマスターを信頼してるんだろうな^^

今日はクロワッサンサンドと、ひと口で食べられるヨーグルトゼリー。
このゼリーは、実は昨日、私が初めて作った作品だ。
マスターに手取り足取り、どきどきしながら教えてもらって・・・
お客様の反応が、いつも以上に気になる。
みなさん、結構正直に意見を言われるので、かなり緊張・・・

「あらぁ~食べやすいわ。でも、もっと柔らかい方がいいかも」

「ふ~ん。いいな~これ、うまいよ」

「もうちょっと量が多くてもいいくらいね」

などと、とてもありがたい言葉があちこちで囁かれている。
ほっとしていると

H:「よかったな」

そう言って優しい微笑みを浮かべながら、マスターが私の頭をぽんぽんと軽くたたいた。

きゅんっ

こらっ!私の胸、こんな事ぐらいでどきどきするなっ!!><


慌ただしいモーニングタイムが終わる頃、ひとりの女性客がやって来た。
すごい美人。
私は初めて見るけど、やり取りを聞いていると以前からの常連さんのようだ。

「ねぇ・・そろそろ返事を聞いてもいいかしら?
 女からプロポーズされて待たしてるって、どうかと思うけど?」

どきっっ!プロポーズぅぅ???うそっっ・・・

この女性の言葉は、常連のママさんグループのおしゃべりを
封じ込めてしまうほどのインパクトがあった。
一瞬にしてお店の中の視線が、女性とマスターに集まる。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

投稿: sweety | 2013年3月 1日 (金) 06時45分

<続き2>


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


マスターは、うっすらと笑みを浮かべながら、グラスを磨いていたが、
なにを思ったのか、メモを書くと現金とともに私に手渡した。

H:「君、ちょっとこれ買ってきて」

え・・・このシチュエーションに、私は邪魔ってこと?!
泣けてくる・・・胸がいたい・・・
自転車をこいでいても、勝手に涙が溢れてくる。

あ・・私はやっぱりあのひとが好きなんだ・・・


お店に戻ると、もう女性客の姿はなく、ママさんグループのおしゃべりも
元の状態に戻っていた。
代わりに、その席には何度か見たことがある男性のお客さまが腰を掛けていた。

どんな話になったんだろう・・・
マスター、結婚しちゃうの?
とても気になったけど、聞けるはずもなく。。。
何気なくママさんグループに尋ねようか、と思ったとたん

「どうしたの? 今日は元気がないね?」

そのお客様が話しかけてきた。
マスターがヒョンと呼んでいるので、いくつかは年上の方なんだろう。

「いえ・・・別に」

男性客の言葉に反応したのか、マスターの視線も感じたけれど、今は顔が見れない。

「じゃあさ、気分直しに、今晩飲みに行かない?」

えっっ?!私とマスターは同時に、その男性客の方を見た。

「え・・いえ・・・それは・・あの・・・」

なんて言ってお断りしようかと、口ごもっていたら

H:「ヒョン」

傍らのマスターが俯いたままつぶやいた。

H:「これ・・貸出厳禁だから」

?!
<これ>??
貸出厳禁??
なによ~~~~~その言い方っっ!

ゆっくり顔を上げたマスターとお客様の視線が合ったけれど、
しばらくそのままでどちら共、なにも言わない。
やがてお客様が笑い出した。

「はははっっこれだからB型の男は困るよ。
 はいはい~わかりましたよ。 よ~~くね」

コーヒー代を置いてお客さまは立ち上がり、私とすれ違いざまにこう言った。

「嫉妬深い男に飽きたら、僕のところにおいで」

はぁ??
一体、なにがどうなってるの??
昨夜から、異常にどきどきしたり、泣いたり、怒ったり・・・
頭の中がこんがらがる。
ああ~~そうだ!あの女の人・・どうなったんだろう?
そして今の会話は?


普段から私の名前も呼ばず、<君>としか言わないマスターに、
今日は<これ>扱いされて、少しテンパっていた私には、
マスターの気持ちに気づく余裕は、この時はまだなかったの・・・

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

今日はここまで^^
お付き合いくださり、ありがとうございました~o(*^▽^*)o

投稿: sweety | 2013年3月 1日 (金) 07時09分

いや~ん、もう。素敵っっ
ドキドキしたぁぁぁ(*゚ー゚*)

いいねっいいねっ(o^-^o)B型男っ!

「これ・・貸出厳禁だから」に撃沈しました(≧∇≦)

ねぇねぇマスター( ̄ー+ ̄)
寝てる間になんかした??( ´艸`)プププ

投稿: やんやん | 2013年3月 1日 (金) 13時13分

<やんやんちゃん^^>


ぎゃははは~~B型男、我が家にいっぱいいるの~( ´艸`)プププ

あのセリフに反応してくれてありがとねっ(≧∇≦)
レンタルビデオじゃないっちゅうねんっって?pppp

>ねぇねぇマスター( ̄ー+ ̄)
寝てる間になんかした??( ´艸`)プププ

きゃん~~やんやんちゃんったらっ(≧m≦)
ちょっと含みを持たせただけだったのに、よく読んでるね?(笑)
マスター・・・すぐ行動に出るからね~( ´艸`)

投稿: sweety | 2013年3月 1日 (金) 13時24分

sweetyさん、はろ~!
キャー!
もう終わり?かと思ってたら、ちゃんと続きが出来てて嬉しいです!(*^ー゚)bグッジョブ!!
これって「hyunsachi」さんがモデルなんですよね?
いいなぁ・・
私じゃどう考えても「私」にはなれないよ~(´;ω;`)ウウ・・・
え?違うのかな?
「私」は「sweetyさん」だったり「やんやんさん」だったり「hyonsachiさん」だったり「miwさん」だったり・・「タカサ・・」でもいいのかな?
(≧m≦)
読むのは自分だからいいのかなぁ・・。
そしたら・・今の自分じゃなく、25歳の頃の自分になってリダの元へ飛んで行くわヽ(´▽`)/

あぁ・・妄想が・・止まらない・・((w´ω`w))

今日の壁紙のカフェのリダ(横顔)をイメージしたお話もお聞きしたいわ♪
・・なんて無理難題をお願いしてみる( ´艸`)プププ

投稿: タカサマ | 2013年3月 1日 (金) 14時18分

<タカサマさん^^>


いらっしゃぁ~~い( ´艸`)プププ

え?このモデルは・・・全ての<わたし>ですから~^^
ってか、私はそのつもりで書いていますっ!
自分と重ね合わせたい方は、そうしていただいて~
これは違う!と思われる方にはスルーしていただいて~
お楽しみいただければ嬉しいですっ(≧∇≦)

あ~黄色い壁紙のイメージ?
あの画像さ、絶対<この花をくちびるで取って・・・>的な
誘い方をしていると思いませんか?!
コンセプトは、絶対そうだと睨んでいますっ!!(笑)
表に書くと、問題になりそうなのでここで吠えておきますが~爆

いつか、そんな進展になればいいですねっ!
ってか、そんな雰囲気は・・・
すでに感じていただいていますよね?( ´艸`)プププ

投稿: sweety | 2013年3月 1日 (金) 14時33分

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
Dear...sweetyちゃん


ここの更新追いつかなかったです・・・ショック~><;
教えてくれてありがとです♥ヽ(´▽`)/

もぉね~~~
なんでしょっ、これ読んでる時のアタシ...
ニヤニヤ?ニコニコ?デレデレ?が止まんな~~~~い( ´艸`)
完璧ヒロインはアタシなのよぉ~ミアン^^;

こんなに入り込んだお話は妄想リレー以来かも!

ほんとに嬉し~~~~~~~い♥
続けて下さり、ありがと~~~~~~~お。・゚゚・(≧∀≦)・゚゚・。

あ~~~~~ぁん、ツボどころ満載すぎて拾いきれないわっ!!!


>「あははっっでかすぎる。そのスエット~!」

ちょこっと距離が縮まった一言じゃない?

>そう言って優しい微笑みを浮かべながら、マスターが私の頭をぽんぽんと軽くたたいた。

このぽんぽんがたまんないーーーーーい!!!!

>傍らのマスターが俯いたままつぶやいた。

H:「これ・・貸出厳禁だから」

このね、俯いたままってとこが
このあとのセリフにさらに魔法をかけちゃうのよぉ~~~♥



もうお分かりで?
アタシがどんだけこのお話に惚れ込んでるかって・・・
ppp~みなさんもですよね~失礼こきましたっ(笑)

そうそう、アタシが書かせていただいた一夜の出来事・・・
ごめんなさい、アタシの中ではあのふたりは何もなく...
もちろんみなさん、お好きな解釈で~~~

戻ったら余韻に浸りながら、また熟読よぉ~~~~
行ってきますぅ゜.+:。o(*´∀`*)o゜.+:。


投稿: ☆Hyunsachi☆ | 2013年3月 1日 (金) 15時51分

やっだああああ~heart01heart01

なんか昔ドキドキした事を思い出しちゃったわぁ


>「はははっっこれだからB型の男は困るよ。はいはい~わかりましたよ。 よ~~くね」
>「嫉妬深い男に飽きたら、僕のところにおいで」
そうそう、こんな事をいう人がいないと進展はなし得ぬ!
いてよかった、ナイスアシストsoccer


もう文才有りすぎますぅ。。 天才~~heart01
だからこのカフェはやめられないわぁぁぁ 


私は楽してる“読者さん”だけど(* ̄ー ̄*)

でもnote
読者歴は長くってよ( ´艸`)プププ

投稿: miw | 2013年3月 1日 (金) 22時06分

sweetyさん。
そっかー!
黄色のリダは
もう付き合いはじめてKISSもちょっとしてる頃かな。だけどまだそんなに何度もした状態ではなく
勿論自分からKISSしてなんて言えない・・そんな時に
どS な彼に「ほら・・」なんて・・ってシチュエーション・・かしら・・(≧m≦)

今回のお話の随分先の事ですわね・・

あ、もしかしてちょっとピンクは濃かった?( ´艸`)プププ
大丈夫かしら・・。
それにしても私「25歳の自分」って設定してみたのに、その頃の私はKISSで恥じらってたっけ???
(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
ん~やっぱり相手がリダなら今の自分でも恥じらうかも~
(/ω\)ハズカシーィ

投稿: タカサマ | 2013年3月 1日 (金) 22時10分

<☆Hyunsachi☆ちゃん^^>


( ´艸`)プププ
まったくよく読んでるね~~ppp

俯いたまま、ぼそっと言う辺り・・・
私としても、この俯きにかなりこだわっていました^^
だから、そのように思っていただけた事で、
してやったり!の感もあるのよ~( ´艸`)プププ

困るよね~これ、どんどん膨れ上がって行きそうで(笑)
だけど一人が書いているわけじゃないので、
流れが変わって、とても面白いよね^^

楽しんでいただけているようで、私も嬉しいよ~~(≧∇≦)

投稿: sweety | 2013年3月 2日 (土) 07時29分

<miwさん^^>


あらぁ~~以前は毎日どきどきしてたみたいね~ppp
あ・・男性に、どきどきさせてたんじゃないの???( ´艸`)プププ

読者さんがおられないと、
作者さんも張り合いがないと思いますゆえ、
今後共、よろしくですぅ~~~(≧∇≦)

投稿: sweety | 2013年3月 2日 (土) 07時33分

<タカサマさん^^>


ぎゃははは~~痛いところ、突いてるっ!

>「25歳の自分」って設定してみたのに、その頃の私はKISSで恥じらってたっけ???

確かにね~ppp
その頃は、そんなに可愛い時期は過ぎていたかもね?( ´艸`)プププ

でも、気付いたよっ^^
<ナニ>をするかが大事なんじゃなくって、
<ダレ>とするかが、大事なのよっっ!
私たちにとってはね~~~(≧∇≦)

投稿: sweety | 2013年3月 2日 (土) 07時36分

<常連ママさんより^^>


お待たせしました。
常連ママさん目線のお話、届きました~o(*^▽^*)o

これはママさん目線ですので
文中の<私>はママさん自身のことです。
ちょっとだけ、脳内変換してね^^
では、始めますっ!

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

最近、カフェに行くと二人の様子を見るのがおもしろい。

マスターの言動一つに一喜一憂するあの子。
そんな彼女を楽しそうに見ているマスター。

ふ~ん・・マスターって好きな子には意地悪しちゃうタイプなのね。

どう考えても二人より年上の私は、お姉さん目線で二人を見てしまう。
                ・
                ・
                ・
ある日、いつもより早い時間にお店に行くとまだ誰もいなかった。
彼女が笑顔で迎えてくれる。

私:「あれ?マスターは?」

 「買い出しに行きました。すぐ戻ると思いますが・・。」

私:「そっか。じゃあ、マスターが帰ってきてからコーヒーお願いしますね。」

 「わかりました^^。今日はいいお天気で気持ちいいですね。」

子供達は早速テラスに出てアティックと遊んでいる。
その様子を彼女も微笑みながら見ていた。

私:「どう?仕事はもう慣れた?」

 「はい・・。頑張ってるんですけど・・怒られてばかりなんです。要領悪くて。」

私:「そうかなぁ。でも最近マスターも楽しそうよ。」

 「そうですかぁ?私にはいつも怖いけどなぁ・・(ブツブツ・・)」

私:「ねぇ・・あなたもマスターの事好きなんでしょ?」

 「え~~!!どどどど、どうしてですかぁ~」

私:「見てたら分かるよ~!女同士だもん!私もマスター素敵だと思うし。」

 「そうですよね・・。わかりますよね・・。でも、まったく相手にされてないんですよ。
  私の事も‘おい’とか‘これ’とかだし・・。マスターに言い寄る人も多くて。
  この前も、すっごい綺麗な方が訪ねてきてたし・・。私なんか全然ダメなんです。」


この子も結構鈍感だな・・。何だか少し可哀そうになったので

私:「あのね、良いこと教えてあげる!マスターが子供達に言ったみたいなんだけど・・」

そこまで言った時、カラ~ンとドアが開いてマスターが帰ってきた。
荷物を抱えたまま、私には笑顔で「いらっしゃいませ」と言うと
彼女を一睨みし・・

「何、喋ってんだよ。早く仕込みを終わらせろっ!」と冷たく言った。

今日のマスターは珍しく黒ぶちの眼鏡をかけていて、一段と素敵だ。
子供達を見つけてテラスに向かおうとしたマスターに私は言った。

私:「ごめんなさい。私が話しかけたんですよ。仕事の邪魔でしたね・・。」

マスターは外を見たままボソッと言った。

「いえ・・。あいつの事よろしくお願いします・・」

その表情は眼鏡のせいでよくわからなかったけど・・
きっと優しい表情だったと思う。

もう~この二人可愛すぎるわ。なんだか応援したくなっちゃう。
でも・・やっぱり少し悔しいから子供達から無理やり聞き出した
マスターの言葉は教えないでおこう。
ふふふっ いづれ分かる事だしねっ^^

  「やっと見つけたんだ・・。心から守りたいものを。誰にも渡したくないんだ・・。」


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


きゃああああああああ~~~萌えええええええ~~~(*´∀`*)
もぉ~~ほんとにっどうしましょ!

このラストの言葉・・・
どてっっっっ(倒れた音)

投稿: sweety | 2013年3月 7日 (木) 06時18分

<sweetyより^^>


もし、まだここを訪れてくださる方がおられたら・・・

このページを見つけやすいように、カテゴリーを新しく作りました。

<海辺のカフェ>

これがカテゴリー欄(右端)の中にありますので、
そちらをクリックしていただいたら、このページに飛びます。

そしてタイトルにも、海辺のカフェを加えました。
最新のコメント欄に、この文字があったら
更新されたか、コメントが入ったって事になります^^

もしよろしければご利用ください~~~o(*^▽^*)o

投稿: sweety | 2013年3月 7日 (木) 06時26分

sweetyさん!
もちろん読ませていただきました!!
あ~、いいお話ですよ、これ!
いっそどっかの出版社に売りつける?
もう胸キュンですよ。
言われてみたいわ・・その言葉!
あぁ・・でもきっと彼は本人には言わないのよね・・。

そういえば日本の男性ってあまり「愛してる」とか言わないけど、アメリカとかの方は言うのでしょう?
韓国の殿方はどうなんでしょうね?
でも・・お国がどこであれ、リダはあまり言わないのかな・・。

投稿: タカサマ | 2013年3月 7日 (木) 22時26分

sweetyさん、私は三回倒れましたsweat01 『どてっ』×3

<「何、喋ってんだよ
……こんないい方、家族じゃないとしな〜い。???えっ家族? 『どてっ』


<あいつの事よろしく…
……“あいつ”って〜〜〜。。。。((ノ)゚ω(ヾ)) 『どてっ』

<「やっと見つけたんだ・・。…誰にも渡したくないんだ・・。」
……ってかっ? あかん〜〜〜クラっhappy02 『どてっ』

以上ですheart

“読者さん”からお店の片隅に潜り込んで、
本でも読みながら様子を楽しませて頂こうかと思っていましたが
何回も椅子から落ちるか、テーブルに頭をぶつけそうな予感がするので
やめておいた方がいいかと(笑)

目立ってしまう自信がある!
椅子からよく落ちる人だぁ〜って子供達にいじられそうです。爆))))

投稿: miw | 2013年3月 7日 (木) 23時05分

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
Dear...sweetyちゃん


<海辺のカフェ>

いや~~~~~ん!!!o(≧∇≦)o
これですぐにマスターに逢いに行けちゃうぅ~~~heart

新しくカテゴリー作ってくれてありがとで~す^^
こうゆう心遣いがとっても嬉しいのでありますっ(*´∀`*)ゞ



どてっっっっ(倒れた音)
うぐっっっっ(やられちゃった音)

きゃーーーーーーまた眠れんのぉ~~~(笑)


投稿: ☆Hyunsachi☆ | 2013年3月 8日 (金) 00時41分

あらっ、まだ眠れない方↑が〜〜〜( ´艸`)プププ

投稿: miw | 2013年3月 8日 (金) 00時57分

<sweetyです^^>


1日のうちの25時間、ヒョンジュンの事を考えているみなさま
今日もよろしくお願いします~( ´艸`)プププ

さて、このコメント欄ですが、
ここをこれからも、このお話に関しての感想の場といたしますので、
どうぞご自由に書き込んでください。
ですので申し訳ありませんが、私からおひとりずつにはお返事は致しません^^
まとめて書いたり、自分の感想を書いたりすることになると思います。
ご質問には出来るだけお答えいたしますね^^

アメリカは、もちろんI LOVE YOUの国ですから、よく使いますね。
でもうちは全くの日本人なので・・^^;
子供も言いますよ~おねだりの時とか~(笑)
現地の人ほどではありませんけどね^^

韓国の方は、親御さんにもサラゲって言ってますよね~ドラマで^^
日本人が感じる<愛してる>と他の国の<愛してる>は
微妙に受け取り方が違うのかもしれませんね^^

・・・・・・・・・・

さて、とっても私事なんですが、明日からしばらく
日本から我が家にとってはVIP級のお客様をお迎えします^^;
ですので、あまりブログに向かえないと思います。
その前に、このお話の続きをあげたいと思ってるんですが、
毎日少しづつ書いてるうちにだらだらと長くなってしまい~~~><
いまだ、キリがつかず~~~( ̄◆ ̄;)

とにかく今日中に書き上げて、すっきりした気分で
お客様を接待したいと思います~~ぎゃははは~あほかいな?爆))

もうちょっと待っててね~o(*^▽^*)o

投稿: sweety | 2013年3月 8日 (金) 05時08分

ギャー♪~ο(*^▽^)οο(^▽^*)ο~♪
ツンデレなマスターにやられて倒れました(爆)
続きが楽しみです♪

投稿: まどれーぬ | 2013年3月 8日 (金) 10時25分

<続き1>


ちょっとね・・・ほんとだらだらと書いちまって~~( ̄◆ ̄;)
疲れたらごめんね~~~っ!
じゃっ行きますっっ(≧∇≦)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今朝は本当に驚いた。
マスターの髪が、とても短くなっていて・・すごく男らしくなっていて・・・
思い切って「似合ってますっ!」って言ったのに、

H:「・・・どうも」

って言っただけで、目を逸らすし・・・
もぉぉ~~~~~なんなのよっっ!

今日は朝からずっと雨が降り続いている。
こんな日はやっぱりお客様も多くない。
閉店時間まであと1時間という頃、マスターが<CLOSE>のサインを出した。
??どうして??

H:「ここで、ちょっとしたイベントを毎月1度だけやってる。
  俺は、これから準備してくるから、テーブルセットを頼む。
  それが終われば、帰りたければもう帰っていいから」

何をやるのか尋ねたけれど、無視して行ってしまった。
くぅぅぅぅ~~~気になるっ!
帰らないっ!そのイベントやらを見ないで帰れるもんかっっ!

渡されたフォルダーには、テーブルの位置やテーブルクロスの交換などが、
細かく指示されていた。
全てセットが終わる頃、背中越しに声が。

H:「おっ早く出来たな」

驚いて振り向くと、Tシャツにジーンズ姿のマスターがいた。
うわぁ・・すごい二の腕・・・それにこの胸・・・
いつもは、シャツに黒いパンツでエプロンをかけているので、全く気付かなかった。
マスターがこんなにたくましかったなんて・・・

「・・・い・・・おい・・おいっっ聞いてるのかっ?!」

あ・・見惚れてた・・・><

H:「ったく~~お客さまがもうすぐ見えるから、早くアペタイザーを出して」

マスターはそう言って、カーディガンをはおりながら、室内の明かりを全て消し、
テーブルや窓辺に置かれたキャンドルに火を灯していった。

「綺麗・・・素敵~~~っ!
 マスター、何やるんですか?!」

でもマスターは、ちょっと意地悪そうに笑うだけ。。。

ほどなく、次々にお客さまが到着された。
なぜか・・・カップルばっかり!
あ、いつものママさんもだっ!うわぁ~ご主人さま、イケメンっ!
時々見える、老夫妻の姿も。

10組、総勢20名のお客さまが席につかれた。
言われたように、ひとりずつにワインをサーブする。
配り終える頃を見計らったように、拍手が沸き起こった。

え・・・ギター・・・?

カウンターの前に座ったマスターの腕には、ギターが抱かれている。
軽くチューニングする姿に激萌えっ

うわぁああああ~~~マスターが弾くのっ?!かっこいいっっ!!

「月に1度のミニコンサートへようこそ。
 今回は、カップルのみご招待しました。
 今日も、みなさんのリクエストでコンサートを進めていきたいと思います。

 お帰りになる頃には、好きな人に、素直に好きって言いたくなるような・・・
 そんな気分にさせてみせます」

マスターがそう言って笑うと、歓声があがった。
へぇ~~今日は饒舌なんだぁ~笑うんじゃん・・・他の人には・・(-""-;)

・・・・・・・・・・

投稿: sweety | 2013年3月 8日 (金) 13時06分

<続き2>

・・・・・・・・・・

あらかじめリクエストされている曲の中から、ランダムに選ぶと、
一度みんなの方を見て・・・ひと呼吸置いて弾き始めた。

美しいその指が奏でる音色は、強くそして優しく・・・激しいけど繊細で・・・
耳だけでなく心にまで響いてくる。
そしてその歌声は・・・

なんて言えばいいのだろう?
とにかく・・・好き・・・って思える声。
もっと聴いていたいって思える声。
ファルセットでは、胸がきゅんとなり、ロングトーンでは思わず全身に力が入る。
すごい・・・マスター
瞬きするのも惜しいほど、かっこいい・・・

中盤を過ぎた頃から、カップルのみなさんの雰囲気はますますUP。
いつの間にか、ぴったりくっついて座っていたり、肩を組んでいたり・・・
きゃあ~あの若いカップルってば、ぽっぽなんかしちゃって~~><
やがてラストの曲が終わると、割れんばかりの拍手が沸き起こった。
すぐさま、ママさんから「アンコールっ!」の声がかかる。

その声の方を見て、少し微笑むマスター。

H:「じゃあ最後に、とっておきのラブソングを・・」

とても好きなのに、その想いになかなか気付いてもらえず、
ようやく告白したけれど、遅すぎた・・・でもやっぱりまだ愛してる・・・
という内容のラブソング。
やだ・・こんな歌、歌わないでよ
なんとなく自分とだぶるようで、切なくて涙が出てくる。

静かな旋律で最後の音を爪弾いた指が止まった時、一瞬の静寂があり、
次には大きな拍手と賞賛の声が響いた。

H;「今日はありがとうございました。
   今なら自分の気持ちを素直に言えそうですか?」

店内を見渡しながらマスターがそう言った時、ママさんのご主人さんが笑いながら言った。

「それが1番必要なのは、マスターだったりして?」

H:「あははっさぁ・・どうでしょう?
  ではいつものように、僕は演奏でお見送りさせていただきます。
  今夜はお越しいただき、ありがとうございました。
  今宵も、よい夢を・・・」

マスターが再びギターを弾き始めると、お客様たちは、
それぞれにマスターにあいさつしながら、雨の中を帰って行かれた。

後片付けをしながらも、まだ感動の中から抜け出さない。
ラストの曲が、いつまでも耳に残って離れなくて。
思い出すと、なんだか泣けてきた・・・

H;「おい・・泣いてるのか?」

びっくりした・・・マスターが目の前に。

「あ、す・すみません・・すぐに片付けますからっ」

慌てて、他のテーブルに向かおうとした時、すっと伸びてきたのは
マスターの手

H:「ばかだな・・・」

そう言いながら、さっきまでギターを奏でていた指で、私の涙を拭ってくれる。
あ・・・
<好きな人に、素直に好きって言いたくなるような・・・>
コンサートの前、そう言っていたマスター。

今なら言えそう・・・
たとえ相手にされなくても、笑い飛ばされるだけで終われそう・・・
いいよね?言っても・・・

「マスター!あの・・あの、わたしっ」

投稿: sweety | 2013年3月 8日 (金) 13時14分

<続き3>

・・・・・・・・・・・・・・・


その瞬間、私はなにかに包み込まれる感覚を覚えた。
え・・・
そして耳元でなにかが聞こえたような気がした。

でも、それはほんの一瞬・・・

お店のドアをノックする音と同時に、その感覚はなくなってしまった。
ノックの主は、老夫妻。

「雨が強くなってきたから、近所に住むその娘さんを送ってあげようと思ってね」

本当だ。すごく降っている。でも私はマスターに・・・

H;「ありがとうございます。 では、お願いしていいですか?」

えっ?でも・・・

H:「あとは俺がやる。 いいから送ってもらえ」

今までで1番優しい話し方だぁ
でも、私っ・・・

H:「帰れって言ってるだろっ!」

・・・はい・・・もぉ~~また怒られた・・・


車の中でも、頭に浮かぶのはさっきの事ばかり。
確かめたかったのに・・・一瞬腕の中にいたよね?私・・・
そして・・<スキカ>って聞こえたような気がした。
・・・<好きか?>
そうよ!好きなんだってばっ!!
バレちゃってもいいもんっ本当のことだしっ!

ああ~~でも明日どんな顔して行けばいい?!
やっぱり恥ずかしいっっ
今夜は眠れないよぉお~~~~~><


その夜、私が痛い聞き間違いをしていたってことと、
マスターも同じように眠れない夜を過ごしていたって事を聞かされるのは、
もう少し先の話・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あはは・・・長かったですね^^;
ごめんなさい~~><

よろしければ、また続けてください^^
しばらくは、派手には書けないけど(笑)
毎日覗きに来たいと思います~~~o(*^▽^*)o

長文にお付き合いくださいまして、ありがとうございました~(≧∇≦)

投稿: sweety | 2013年3月 8日 (金) 13時18分

<sweetyです^^>


あ、今思い出して画像追加したの^^


ギターを弾くマスター・・・heart

やんやんちゃん~ご協力ありがと^^

雑な仕上がりだから、あんまりじっくり見ないでねっ^^;

投稿: sweety | 2013年3月 8日 (金) 13時24分

うわ~ドキドキするぅ。
続きも気になる・・・聞き間違いってなんだろう( ´艸`)

常連ママさ~ん
しっかり2人をアシストしてあげてくださいね~(*^ω^*)ノ彡きゃはは

素敵画像もありがとうございま~す(*^ー゚)bグッジョブ!!

投稿: やんやん | 2013年3月 8日 (金) 14時09分

(常連ママのつぶやき)
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

月に一度のマスターのライブ。
今日は何だか、特定の人を想いながら
心を込めて・・
そして溢れる想いを歌詞に乗せて
切々と歌っているように感じたな。

そうだよね。
やっと見つけたんだもんね。
でもね・・・マスター。
女の子はね
ちゃんと言葉にしてあげないとわからないもんなんだよ・・。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

投稿: 常連ママ | 2013年3月 8日 (金) 20時34分

う〜んheart
ほんとに、どこをどう取っても
もうっっマスターったら、“自分のもの”認識ですよね〜
あの接し方sweat01
直接的にアピールしないだけで隠してもいないから
嘘付いてる訳でもなく
ややこしいわぁ(≧ヘ≦) 
けど決まっていそうで決まってないってトコが萌えるんでしょうね^^ 


ちょっと飛ばしてみたい気もするわねぇ。

付き合って …あっ、、“暮らしてひと月経ち…”とかから始めて下さらないかしら(笑)

投稿: miw | 2013年3月 8日 (金) 21時22分

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
Dear...sweetyちゃん


お話のつづき・・・
ほんとにありがと゜.+:。(*´∀`*)゜.+:。

アタシは相変わらず < 私 > 目線で読み入り・・・
入り込みすぎて案の定、切なさにやられやっぱりシクシク・・・

>慌てて、他のテーブルに向かおうとした時、すっと伸びてきたのは
マスターの手

H:「ばかだな・・・」

このとき最高潮にバックバクのドッキドキheart02

まさかの抱擁?のくだりなんて
思わずのけぞったわ!!!!

ホントはなんて言ってたのか・・・
ヤバいくらいの気になりすぎで~

あ~~~ん、とてつもなくポゴシポョ~~~
。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

勝手にマスターへ愛を叫ばせててね~

投稿: ☆Hyunsachi☆ | 2013年3月 9日 (土) 16時24分

あっ、ちょっと言葉足らずでしたねsweat01

ちょっと先に飛んでねぇ、、、
で、またこの頃にも回想して欲しい

だって
<もう少し先の話・・・
ってのがとっても知りたいんですもの(≧m≦)

で、やっぱり、この頃にちゃんと言えたかも知りたいconfident

感じられる事もうれしいけど、
ちゃんと言葉で聞きたいもの(*´σー`)

投稿: miw | 2013年3月 9日 (土) 22時17分

sweetyさん、はろ~!
お忙しいのに、続きを挙げてくださってありがとうございます。
私もマスターが何て言ったのかとても気になって、ずーーーっと考えてました。
でも、浮かばない・・ボキャブラリーがないって淋しいわ・・(u_u。)
そして一つだけ浮かんだのが
1008minさんの動画・・「アナタノ ニホンゴガ スキダカラ」
でも、違うかー・・。
そんな単純な言葉じゃないよねー。

あ~ん、続きが益々気になる~(≧∇≦)

投稿: タカサマ | 2013年3月 9日 (土) 23時09分

<sweetyですっ^^>


みなさま~~~お話への反応ありがとうございまあすっo(*^▽^*)o

ちょっと抜けて、これ書いてます(笑)

マスターの言ったこと。
なんだかみなさまが、とても気にしてくださってるので・・・
このまま隠しておくほどの言葉でもないので~~ppp

タカサマさ~~んっ!

大正解っっっ(≧∇≦)

投稿: sweety | 2013年3月10日 (日) 00時04分

sweetyさぁ~ん♥

くぅうううううぅぅ♥
何て言ったのか気になるぶん・・
妄想力もUPUPしますね^^うしし

素敵な海辺のカフェ~最高です~!!!

sachiちゃ~ん(*´v゚*)ゞ
のけぞる気持ち めっちゃわかります~
まだ、お互い気持ちを伝えてないからこそ・・
ちょっとした仕草や言葉が胸に響いちゃいますもん・・ね^^
って私もやっぱり「わたし目線」なので胸キュンキュンして ppp
せちゅなくなったら 一緒に叫びましょ~

投稿: tomo | 2013年3月10日 (日) 00時17分

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
Dear...sweetyちゃん


だよね~だよね~うんうん(*^m^)
そ〜でしょうとも、そーゆーよね!

もぉさぁ~涙を指で拭っちゃうんだよぉ~
これってすっごいよぉ~
なんかアタシ・・・ここすっごく萌え萌えしちゃってるかも!
マスターのね、指先までリアルに見えてるもんっo(▽〃))o

もしや経験アリぢゃなくってぇ~???
ちょっとちょっと、こっちの方も膨らんぢゃうけどぉ!?(笑)

tomoちゃ~ん(*´∀`)ノ
たぶんアタシら・・・
同じ時間にのけぞってたんだよぉ~~~m9(`∇´)
そして悶えていたのだぁ~~~
だって今日だって・・・
sweetyちゃんの魔力かな!?
ぎゃはははははぁ~~~

投稿: ☆Hyunsachi☆ | 2013年3月10日 (日) 02時03分

あんにょん!

tomoさん、Hyunsachiさん
その「“私”目線」の感覚でお話、期待しちゃうんですが…(笑)

Hyunsachiさん
そろそろまた…書いて下さったりしませんか??heart04
きっとリアルに情景が見えるお話だと思うのlovely

ホントに期待しているんですけど〜
ノってこられた際に是非happy02

ああ〜マスターのコピcafeで憩いたい〜〜notes

投稿: miw | 2013年3月10日 (日) 15時16分

sweetyちゃ~ん ヽ(´▽`)/

きゃぁあああ ♡ 誘われてドキドキしながらきちゃいましたぁ~ ♡

私・・ ぼぅ~~~~っとしてる間に??? 
こんな素敵なお話しが進められていたんですね~~~ ♫

sweetyちゃん 作家の皆様~~!!  素敵です (゚m゚*)

いっきに読ませていただきました ♬

<わたし>目線・・  <常連さん>目線・・
どの目線も最高にいいねぇ~~ ♡

マスター目線はないのに・・  色んな目線から マスターの心までみえてきました ♡

sweetyちゃん、皆様 本当に ありがとうございました ヽ(*≧ε≦*)φ

ピンクないのに・・ ドキドキしちゃいました(爆))))

投稿: みーこ | 2013年3月10日 (日) 15時36分

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
Dear...sweetyちゃん

またちょこっと書いてみました!
ただし少しだけ・・・ねっ!


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


♬ ピピピピピピーーーーーー ♬
『 ゥウ~~~~ン 』
はぁ~なんか気が重い・・・
昨日のこと思うと 胸の奥がキュンと締め付けられて~
『 何だったのかなぁ~?夢?ううん違う、あれは絶対・・・』

━━━ スキカ ━━━

うわぁ~どうしよう!!!!
マスターの顔まともに見れないよぉ~

とにもかくにも行かなきゃっ!!
そして思い切って聞いてみよう!!

メイクが終わる頃には、だいぶ気持ちも前向きになってた。

昨日の雨もすっかり止んで、今朝はいいお天気!!
『 ひと雨ごとに春の訪れなのね~♬ 』
なんてつぶやきながら、いつものように自転車で坂道を下ると
『 あれっ!? あれあれ?? 』
最悪だぁ~~~まさかのパンク!!!
時計を見るとまだ時間は大丈夫。
歩いても間に合う。

『 あれ~~~?どうしたの? 』
『 ん? 』
振り返ると、マスターがヒョンって呼ぶあのお客さんだった!

『 パンクかぁ~まだ時間あるから乗せてってあげるよ!』

私の返事も聞かずにパパッと自転車を抱えて車に積んでくれた。

『 どうしたの? 早く乗って!! 』
『 はっはい!! すっすいませんっ!!! 』
『 朝っぱらからツイてないね~ あははっ、でもたまたま俺が通りかかったからツイてたかな?』
『 あっはい!! ありがとうございます! でもお時間大丈夫ですか? 』
『 大丈夫だよ~これから潜りに行くところだったんだけどね!今日はひとりだから 』
~よく見ると車の中はダイビング用品(?)がたくさん積んであった。

海沿いの道はわりと空いていて5分程度で着いた。

『 間に合った? 』
『 はい!ありがとうございました!』
『 あいつとはその後どう? 』
『 えぇっ!? 』
『 あははは~ったく分かりやすいなぁ~でもそーゆーとこがいいんだよね!』
『 あっあっありがとうございましたっ!!』
もぉなんて返していいか分からず、慌てて降りようとしたその時

『 キャッ!! 』
急に外からドアが開いて・・・

『 マッマスターーー!?』
H  『 ヒョン・・・?』
『 そんなおっかない顔してないで挨拶ぐらいしろよ~ったく!プププ~ 』

『 あっあの~途中で私パンクしちゃって~ えっとえっと~あっ!私じゃなくって自転車が・・・ ああっ!』
急に左腕を掴まれて車の外へ、その瞬間マスターの胸の中へ!!

H  『 ヒョン、朝からコイツのことありがと! あとは俺がやるから・・・』
そう言うと私の腕を離して、積んでた自転車を降ろしてくれた。

『 おまえさぁ~ありがとって言いながら思いっきり機嫌悪いんだけど~ったく!今度おごれよ~ 』

車が走り去ったあと怒られるのかと思いきや・・・
何も言わず自転車のパンクを直し始めたマスター。

H  『 ・・・ 』
『 あっあの~朝からすみません。』
H  『 ・・・ 』
『 あの~自分で何とかしようと思ったんですけど・・・』
H  『 ・・・ 』
『 あの~~~ 』
H  『 あ~~~~うるさいっ!!ちょっと黙っとけ!!』
『 はっはい!!』

昨日のステキなマスターの歌声・・・
そのあとの夢のような出来事!?
やっと想いを伝えようと決心したのに・・・
今朝の出来事で、もぉ~ぐちゃぐちゃだよぉ~~

いたたまれなくなった私は、アティックのもとへ~
『 アティックぅ・・・なんでこーなっちゃうんだろうね~私・・・グスン』
ジャレてくるアティックに思いをぶちまける。。。

『 こんなはずじゃなかったんだよぉ~今日こそ想いをちゃんと伝えようと・・・グスン』
『 クゥ~~~ン???』
アティックが不思議そうな顔をして左足を私の膝に乗せた。
アティックでさえも私の気持ちを察してくれてるみたい。。。
『アティックぅ~お前分かってくれるのぉ~? そっかそっかぁ~お前ににだって分かるのにねぇ~~グスン』

その時後ろにマスターが立っていたことも
私の話を聞いてそっと笑っていたことも
もちろん半べそかいてた私には知る由もありませんでした。。。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

またちょっと寄り道させちゃったかな~
いらんストーリーだったらミアネョ~^^;

投稿: ☆Hyunsachi☆ | 2013年3月12日 (火) 04時18分

<sweetyです^^>


きゃああああ~~ん、素敵っっheart
どうもありがと!

ジェラシーほど、嬉し楽しいものはないわぁ~~~(≧∇≦)
もっと妬いてぇえええええええええええ~~(*≧m≦*)
ヒョン、もっともっと活躍して~~~爆)))

私、こんなゆったりした恋愛って、好きだな~^^
始まりは、きっと一瞬のなにか煌めいたものがあると思うんだけど、
その後はゆっくり育てるってのも、アリでしょう~~( ´艸`)プププ

ご本人は、直球って言ってるけど、
いつもいつもそうだとは限らないよね~きっと・・・
過去に、何年も通い続けて、想いが実らなかったこともあるんだし~^^

恋愛の仕方って、どの人にも同じようには
絶対にいかないよね?
その相手によって、違うように思える・・・
きっとね~ここの<私>には、
こんな恋が似合ってるんじゃないかな~~(≧m≦)

投稿: sweety | 2013年3月13日 (水) 06時40分

ちょっとアティック目線で書いてみるね。

あ、このわんこになりたいって人・・・いたよね?!爆))))

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*


<アティックのひとりごと>


おいらは、アティック。

この海岸を彷徨っていたところ、ここのマスターに拾われた。
人間界では、このマスターのことをイケメンと言うらしい。
ま、生物界では、おいらの次だけどなっっ!

マスターのしつけは結構厳しい。
だけど、ちゃんと出来た時には、思い切り褒めてくれる。
おいらの大好きなビスケットも用意してくれてるし。

びっくりしたのは、このマスター・・・犬語を話す。
時々その文法が間違ってるんだが、これは仕方ない。

ま、元々おいらのIQは高くて、人間の言葉を理解できるんだから、
マスターはわざわざ犬語を話さなくてもいいんだけどなっ


カフェに来るお客さんは、圧倒的に女性が多い。
マスターって、そんなにモテるのか?
おいらの方が、イケてると思うけど??

今日も、おいらの目の前で、お客さんが大騒ぎしている。

「ねぇねぇ~この服、マスターの好みかな?」

いや~~それは違うだろ?

「今日の髪型、かわいいでしょ~これって、絶対マスターが好きだと思うんだっ!」

髪型はよくても・・・な・・・^^;
・・・ったく~色んな客がいるもんだ。


おいらが来る少し前に雇われたという、あの女の子。
ちょっとどんくさい事に目をつぶれば、おいらの世話はよくしてくれるから、
まぁまぁの合格点をつけてやってもいいかな、と思ってる。
この子、なぜだかわからないが、時々おいらに愚痴りに来る。

ほら~~~今日も来たぞぉ・・・

はいはい~そうだな~
ふんふん~そりゃ仕方ないかもな~

『アティックぅ~お前分かってくれるのぉ~? そっかそっかぁ~お前ににだって分かるのにねぇ~~グスン』

あ~~~あ
今、後ろに立ってるマスターのにやけた表情、
あんたに見せてやりたいよ。
そして、おいらの愚痴も聞いて欲しいよ。

毎日毎日、あんたの話を
マスターから聞かされているおいらの身にもなってくれ~~~~~っ!

ったくぅぅぅぅ~~~~~~(-""-;)



おしまい^^

投稿: sweety | 2013年3月13日 (水) 09時36分

sweetyさん・Hyunsachiさん・アティック~(≧∇≦)

きゃああああああああああああああああああああああああ
素敵ぃ~(≧∇≦)
やきもち大好き~ヽ(*≧ε≦*)φ ヒョン!ファイティ~ン (笑)

朝からテンション上がったわぁ~~~~(≧∇≦)
こんな恋愛いいですよね(*゚ー゚*)
ゆっくりゆっくり愛を育てていってね~お二人さん( ´艸`)
アティックと一緒に応援していますよ~!(*^ω^*)ノ彡

投稿: やんやん | 2013年3月13日 (水) 10時16分

きゃ~!sweetyさん、有難うございますー。これですぐにこちらのカフェにお邪魔できますー。(T_T)
作家の皆様最高。)^o^(
いろんな目線で、マスターの気持ちが・・・。うふふー。
続き楽しみにしてまーす。

投稿: 生ハム | 2013年3月13日 (水) 13時05分

sweetyさん。
うん、うん。ゆっくりがいいですね。
日頃の私は結構せっかちですぐに結論が欲しくなってしまいますが、
こんなお話はゆっくりでいい。
だって、マスターと「私」のお話に「ハッピーエンド」以外あり得ないんだから、
そこまでの時間も安心して、でもドキドキとかキュンキュンしながら・・読みたいです・・。
作家の皆様・・この先も楽しみにしています。

投稿: タカサマ | 2013年3月13日 (水) 14時00分

いやぁ〜ん Hyunsachさん(≧m≦)
いやいや Hyunsach様!! ありがとうごぢゃいますぅぅぅ
あの日(^^)の次の日、、、なんて! リアルゥ〜
余韻がまだ“ほっかほか”ですよねぇ。眠れてないんだし(≧∇≦)

…にしても、なんで車に乗っちゃうかなぁ???
ヒョンだよ? あのヒョン! 
ダメでしょ?! 当然…
しかも翌日って、、、
断りにくいんだろうけど、、 ったくっっっ! 


ってなんで私、、マスター目線もどきなんだろ? アレ? ^^;

そうよ。マスターの気持ちは分からないのよねぇ
何考えてんだろぉ、彼は。 ううう〜気になるぅぅ
アティックは分かってるのよね( ´艸`)プププ
そうかぁ聞かされてるのかあ

アティック! キミの愚痴は私が聞いてあげる(^-^)
ちゃんと、ウンウンって聞くからね〜〜
マスターとあの子の事はよろしくねえ(◎´∀`)ノ


sweetyさんナイスです!
アティックのツッコミ、笑っちゃいました^^


投稿: miw | 2013年3月13日 (水) 22時01分

<ある日の兄妹(と犬)の会話>
 ~カフェのテラスにて~


☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

妹「きょうもおねえちゃん、ましゅたーにおこられてたね。」

兄「好き好き同士なのになんでだろうね。ねぇ?アティック」

dog「ワンワンthink

兄「今度サッカー教えてもらうから、おねえちゃんも誘ってみよう!」

妹「うん!・・・ねぇねぇお兄ちゃん・・」

兄「なに?」

妹「しゅきしゅきどうしは、おててつないだりチューしたりするんでしょ?」

兄「う~ん、どうかなぁ。僕はわかんないや。あっ!マスターが来たっ!
  いつサッカー教えてくれるの~! 」

妹「あ~!ましゅたーだぁ!ねぇねぇ、おねえちゃんのことしゅきなんでしょ~?
  しゅきなひととはチューするんでしょ~? 」


dogの嘆き・・・
『子供には正直に話すんだな~。その言葉、あの子に言ってやれよ!
 はぁ~世話の焼けるご主人さまだぜっ 』 ワンpout


☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:* 

投稿: 常連ママ | 2013年3月14日 (木) 00時12分

あがががが・・・・
アティック~~~!!おらっ!やっぱりアティックがいい!!
でもさっ!実は魔法でわんちゃんになってるお姫様とかじゃだめ?
男じゃなくてさ~~!女の子じゃだめぇぇぇぇ????
ぜぇぜぇ・・・・・
だめかっっ!悲しきライバルになっちゃうもんね・・・・やっぱり!おいらアティック!!ワン

ジェラってるマスターが好きだっっ!!
ゆっくりゆっくりお願いしますね?
3年くらいかかってもいいからっ(ながっっ)
二人には、はっぴぃえんどしかないから~~~ゆっくり進んでぇぇぇ

投稿: りりりりりだ | 2013年3月14日 (木) 05時36分

あ、このお話、3年も続くんだ??爆)))))


ぎゃははは~~常連ママさん宅、
全員出演だしぃい~~~~( ´艸`)プププ
ギャラ、はずむからね~~~(≧∇≦)


ここで・・・マスターは、お子ちゃまになんて言ったんだろう??

① そんなの、しないよ~^^
② したいんだけどね~
③ もうしちゃった・・・

ど~~~れだっ?!( ´艸`)プププ

投稿: sweety | 2013年3月14日 (木) 09時54分

sweetyさん、はろ~!
ギャーッ!!
③??・・キャー(≧m≦)・・
あ・・でも、スンジョも寝てるハニちゃんにナイショでしてましたね~!( ´艸`)プププ
③だったら・・どうしよう・・。
いやん、恥ずかしい(/ー\*)

・・って、③以外考えてないです・・。(*≧m≦*)

投稿: タカサマ | 2013年3月14日 (木) 11時44分

③だぁ、、、と瞬発的に思いました。根拠なし、はははっ

けどね、やっぱり、、、初めて!はちゃんと瞬間も共有したいですよね(//∇//)
二回目三回目それ以降はいつでもOK!!(って きゃあ〜)


な〜んて思ったりしますが、数あるシチュエーションの一つだから
きっといろいろ素敵な思いがあるでしょうねぇ
お子ちゃま方にはなんて言うんだろうなぁ^^

やっぱりココは楽しみが多いわ
くふっっ(≧∇≦)

投稿: miw | 2013年3月15日 (金) 22時04分

ああ〜違うな、、

一回一回ドキドキだわね、実際。
想いっていつまでも覚えているものだから

こっそり^^でも、相手は思いがあって、それが伝わってきて

チョンチョ二…チョンチョ二…
育んで*・゜゚・*:.。..。.:*・

投稿: miw | 2013年3月16日 (土) 08時59分

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
Dear...sweetyちゃん


アティックのおいら目線
ちゅなげてくれてありがとです♪
ヒョンの出現、ちょっと心配でしたが
好評でよかったでぇ~す!! ヒョン(*^ー゚)bグッジョブ!!

毎日毎日ヒョンジュンに逢いたくって
夜な夜なマスターのところへ・・・(* ´艸`)♥
何をしてても考えちゃってねぇ~^^;
イケません、罪な男よぉ~マスターもっ!!!!

あの壁紙のおかげで
ますますマスターが近くに・・・(*゚∀゚)=3ハァハァ
ありがとね~sweetyちゃんっ!!!!

はぁ~~~
ホントにおめでたい、アタシ ^^;
自分で考えては、いちいち一喜一憂
ハラハラドキドキ・・・(´Д`;≡;´Д`)

でも・・・
でもでもでもでも
やめらんなぁ~~~~いっ!!!!!
止めらんなぁ~~~~いっ!!!!!

はい、完璧クセになっちゃってまぁ~す♥

・・・そしてここに集まるみなさま・・・
大変遅くなりましてごめんなさいです!
感想もろもろThanksでした♪~(o ̄∇ ̄)/


投稿: ☆Hyunsachi☆ | 2013年3月17日 (日) 03時06分

<sweetyです^^>


このページを訪れてくださる方々、
いつもありがとうございます^^

楽しいコメでるんるん気分にさせていただいていま~すo(*^▽^*)o

あのね~ここって
スクロールが大変だと思わない??
もぉ~~~~~かなりコメ数が多くなってきたからね。

なので、ここはこれで終わりにしたいと思います^^
今まで遊びに来てくださってありがとうございましたっ!


だけど、これで終わってしまうと、
やっぱり消化不良の方もおられるかと・・・
ですので、もう少しだけ、こちらで続けますね。

http://hjsweety.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-3b25.html

もしよろしければ、飛んで遊びに来てくださいね~(≧∇≦)

投稿: sweety | 2013年3月18日 (月) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1522535/49543080

この記事へのトラックバック一覧です: HANGTEN * Facebook&海辺のカフェ:

« HIGHCUT Vol.96 | トップページ | ようこそポーズ »